ミシンかばんの修理で金具が壊れたときには、状況によって自分自身で修理が可能です。しかし、かばんの金具の形状によっては、専門業者に依頼しなければいけない場所もあります。そこで簡単に金具の取り替えが可能な場合に限り自分自身で修理をしましょう。この時に注意したいのが生地の取り扱いです。金具の修理では、生地を傷めないようにしなければいけません。気がつかないうちに生地を傷めてしまうとさらにかばんの修理が必要となり二次被害に発展します。

装飾用の金具や実用的な金具であっても取り替え可能な部分だけを自分自身で修理しましょう。また、修理をするときに専用の道具が必要な修理もあります。自分自身で修理をするときには、修理のための道具を準備しなければいけません。購入することになると専門業者に修理を依頼するよりも高くなってしまいます。また、道具を準備して修理をしようとしてもできない場合には、用意した道具や金具がすべて無駄になってしまいます。修理できる箇所なのかもあらかじめ確認しておかなければいけません。道具を購入するお店で相談してみるのも良い選択でしょう。修理できる可能な場所であるか判断してもらうことも余分な出費を抑えることになります。

Published by admin